ビッチなヤリマンギャルを出会い系アプリで見つける

ビッチなヤリマンギャルを出会い系アプリで見つける

舞(仮名)と出会い系アプリで出会ったのは、俺が性欲旺盛でネットナンパを毎夜やっていたときだった。

出会い系アプリの自分のプロフィール欄に職業ガテン系、車はマークXといういかにもヤンキーっぽい感じ、茶髪にピアスという不良を匂わせる写メを載せておいたら、舞という女性からアプローチが来たのだ。

舞はギャルショップの店員で、セフレを探しており出会い系アプリを通じて出会いを求めているとのことだった。

こういうショップ店員のギャルというのは性格が似ていて攻略法が決まっている。

俺は即座に返信し、ラインのIDをゲットした。
ラインさえわかれば後はスタンプを送りまくって、デートまでとりつけるのは楽勝だ。

予想通り、3日間朝から晩まで舞とラインのやり取りをした後、夜のドライブデートの約束をとることに成功した。
いかにもセフレという感じだ。

待ち合わせ場所は109の下にした。
109はギャルの聖地だからだ。

会ってみると激しく細いが、ミニスカートにパンプス、上はサーファー系のTシャツといかにもビッチギャルっぽい出で立ちだった。

スカートがあまりにも短くパンツが見えそうで、俺はムスコが暴発しそうなのを必死でこらえていた。

すぐにドライブで近くの神泉へと向かった。

神泉は渋谷から近く意外と格安なラブホが多い。

舞は会ってすぐにいきなりホテルへ行くことに抵抗を示したが、車でラブホの駐車場に入ってしまえばこっちのペースである。
そのまま雪崩れ込むようにラブホの部屋に入った。

部屋にはいった俺はもう我慢の限界だったので、いきなりスカートをまくりあげ、舞が履いていたTバックを半分脱がした。

ギャルのTバックはエロすぎる。
しかもまだ何もしていないのにパンツがびしょ濡れだった。

個人的にパンツを脱がさずにセックスするのが好きなので、全部脱がさすにそのまま挿入開始した。

ビンビンに立ったチンコを、フェラもすっ飛ばして入れてしまった。

舞はおそらくヤリマンだったのだろう。
残念ながら締まりは緩かった。

最初はバックで、次に騎乗位、さらに相手の体重が軽かったので駅弁をし、舞を突いて突いて突きまくった。
その度に舞は声にならない喘ぎ声をあげていた。

興奮した俺は20分くらい腰を振り続けていたと思う。
気づいたら中出しをしていた。

たぶん安全日だったんだろう、中で出したのに特に文句は言われなかった。

そのままシャワー浴びて流れ的に解散して終了した。

セフレというよりはセフレみたいな感覚で終わってしまったが、お互い後腐れなく今でもその後、ちょくちょく会ってはホテルに行って楽しませてもらっている。
30代|男|工事現場作業員

 

アプリでは40代人妻がセックスしたい時にやれる男性を見つけている

アプリでは40代人妻がセックスしたい時にやれる男性を見つけている

もうすでに40代になり子供も大きくなり大学で家を離れています。
旦那と二人だけの生活は愛情がなく、夫も不倫をしているような雰囲気があります。
惨めなままも嫌ですし、もう一度女として楽しみたいと思って出会い系のアプリを利用するようになり、セフレ探しをするようになりました。
そして30代の年下男性と知り合うことに成功したのです。
アプリを通して知り合った彼は熟女系が好きで年上女性を好むタイプなので自分がぴったりはまったようです。
私も年下の男性とお付き合いができるので若返るような気分になりました。
そして自然な流れでホテルへと向かうことになりました。

彼のセックスが上手で久しぶりの快感と興奮を味わうことになりました。
優しさと激しさをうまく使い分けて気持ちよくなるポイントを知っているようでした。
すっかり彼のリードで何度もイカされてしまい、恥ずかしい格好をしてしまいました。
その後、一緒にシャワーを浴びてきれいになってから2回戦に突入し、今度は私が今までで初めての体験であるフェラチオに挑戦しました。
エッチなビデオである程度は研究してきたのですが、どうもうまくはできませんでしたが、それでも彼が喜んでくれたのでそれで満足です。
このセックスでは立ちバックで攻められてしまい、これでも何度もイカされました。
こうして年下の男とセフレになり、女を取り戻すことができました。
アプリを通して知り合ったセフレである彼には感謝していますし、今でも時々会ってはセックスしていて、フェラも随分うまくなりました。
40代 女性 主婦

 

アプリを使って女性と不倫相手を見つける事ができた

アプリを使って女性と不倫相手を見つける事ができた

私たち夫婦には子供はなく、妻は無口で話しても楽しくはないので、私はいつしか家に帰る事が楽しくなくなってしまいました。

そんな私は家に帰るのを少しでも遅らせるために、アプリを使いだしたのです。

アプリで会う女性たちは皆快活で、話しているだけで元気をもらえました。

そんなアプリで出会ったのが、今のセフレである彼女なのです。

彼女は周囲に同世代の男性が居ないので、アプリを使って同世代の男性の出会いを求めたと言いました。

私はこれまで独身の方が女性受けが良いと思い、妻が居る身でありながら女性の前では独身だと偽ってきました。

出会いを探している彼女の前でも私は、独身だと偽ってしまったのです。

それが良かったのか悪かったのか、何度も彼女と会っている内に、彼女側が私の事を気に入ってくれたみたいなのです。

そして自然の成り行きで、私は彼女と男女の関係を持ってしまいました。

彼女の体はスリムとは言えないのですが、程よく肉が付いているおかげで、触った時の弾力が心地よく、私は彼女との初めてのエッチで彼女の体が気に入ってしまいました。

初めは彼女の方が私の事を好きになってくれたのですが、いつ頃からか私の方も彼女に夢中になってしまったのです。

私は彼女とセフレになれて幸せな日々が送れるようになりました。

ただ彼女の方は私の事を独身だと思い込んでいるのですから、私はセフレだと思っていても、彼女の方は私の事をただの恋人だと思っているのではないかと思うようになったのです。

なのでいつか彼女の方から結婚してくれと言われやしないかと、今は不安に感じています。
「30代|男性|会社員」

PCMAXで見つけたセフレ男性のおかげで赤ちゃんプレイにはまった

PCMAXで見つけたセフレ男性のおかげで赤ちゃんプレイにはまった

男性の職員もいるのですが、職場には女性が多く、勤務時間も長く帰りが遅いので男性との出会いが全くありません。

預かっている子供の父親に対して格好いいなと思うことはありますが、彼らは皆既婚男性ですし。

結婚も考えなければいけない年齢ですが、とりあえず男性とセックスがしたい、そう思った私は同年代の男性をアプリで探しました。

アプリ内で知り合ったのは25歳の会社員の方。

一つ年下ですが、しっかりした印象です。

アプリで連絡を取り合って会うことにしました。

兎に角セックスがしたかった私は彼と待ち合わせた後にホテルに直行しました。

ホテルで少し私のことを話すと、私が保育士であることから赤ちゃんプレイを望んできました。

多少引いてしまいましたが、セックスが出来るなら、と私も承諾しました。

彼は終始私のことを「先生」と呼んできて不思議な感じでしたが、何故か嫌な気持ちはしませんでした。

私はEカップで胸が大きい方なのですが、彼はおっぱいが大好きなのか、ひたすらおっぱいを舐めており、その様子が何だかとても愛おしく感じました。

最初こそ赤ちゃんプレイというものに引いてしまったのですが、職業柄か、甘えて来られると嬉しいものでした。

私も、おちんちんを先生のここに挿れてごらん?気持ちいいよ?などと誘導し、最後はノリノリで赤ちゃんプレイに応えていました。

今後も私の身の上話をすると赤ちゃんプレイを望んでくる男性が多いかも知れませんが、案外悪いものではないとわかったので、次会う男性が望んできたら応えてあげたいと思います。
【20代|女性|保育士】

出会い系アプリで20代の女の子の愛人を見つける会社員です。

出会い系アプリで20代の女の子の愛人を見つける会社員です。

私は中年太りになってしまった妻を抱きたくありませんでしたし、妻は妻で腹の出て来た私に抱かれる事を拒否するようになりました。

なので私は妻の代わりに抱ける女性を探す為に、出会い系アプリを使うようになったのです。

しかし見た目が中年丸出しの私には、出会い系アプリと言えどもだれも見向きもしてくれず、いつまで経っても女性を抱くことができませんでした。

ですから出会い系アプリで抱ける女性を見つける事は諦めようかと思ったのですが、声を掛けた女性の一人が私に連絡をして来てくれたのです。

私は慌てて返信をして、会う事になりました。

彼女は私よりも一回りも若い女性で、かなりの美貌をしていました。

彼女は苦労してやっと会えた女性でしたから、嫌われない様に言動に注意したのです。

そんな私の頑張りが彼女に通じたのか、私は彼女を抱くことができるようになりました。

彼女は美貌のさることながら肌が透き通るように白く、触った時の感触が滑らかでとても心地良かったのです。

妻のざらざらの肌とは違い、彼女の肌はスベスベで瑞々しく、いつまでも触っていたいと思いました。

彼女は甘ーい女性特有の香りを発していて、私は香りだけでかなり興奮してしまいました。

私は彼女を抱いた後、この後も彼女の体を抱きたいと思ったので、セフレになって欲しいと懇願したのです。

彼女はそんな私の願いを受け入れてくれて、セフレになってくれたのです。

これ以後私は、セフレである彼女の心が私から離れない様に、食事を御馳走したり、プレゼントをしています。
「30代|男性|会社員」